スーの家族日記

旅行、映画、ファッション、ディズニー、2021年中学受験など

サピックスをやめて早稲アカに転塾した話


少し前に、3年生から通っていたサピックスをやめて、早稲田アカデミーに転塾しました。

転塾してから少し経ちますが、いまだにこれで正解だったのかどうかよく分からないし、実際に転塾してみて、いろいろ戸惑ったり混乱しているところもあります。

そもそも、サピックスでもう少し上のクラスにいたら、転塾しなかっただろうなぁと思うことも。。。(サピでの在籍クラスは、ちょうど真ん中くらいでした)

思うところはいろいろありますが、どうして転塾したのかと、なぜ転塾先として早稲田アカデミーを選んだのか、について書いてみたいと思います。

転塾した理由

転塾を決断した一番大きな理由は、サピックスの算数に、子どもが全然ついていけていないと感じたことです。

うちの場合、サピックスでは予習はいらないと言われていたので、そのまま素直に(?!)予習しないまま算数の授業に臨んでいました。

けれど長男の場合、それだとほとんど授業の内容は理解できておらず、ただプリントもらって元気に帰ってきました!!みたいな状態になってしまっていたのです(一応補足すると、サピックスでは事前に教材のプリントをもらうことはできません)。

本人は塾は楽しいと言っていたけれど、その状態だと、家に帰ってきてからがものすごく大変なのです。

復習というよりもむしろ、わたしが市販の教材などを使って最初からプリントの内容を説明し直す、という作業を毎回しなければならなくなりました。

これが、モーレツにキョーレツに大変だったのです(親子で互いに、です)。

親なりに懇切丁寧に説明したつもりでも、子どもがすんなり理解できないときなんていくらでもあるし、サピックスの解説もそれほど親切ではないので、親のほうも迷いながら教えたりしていると、時間はかかるわお互いにストレスはたまるわで、だんだん家庭の雰囲気がギスギスし始めました。

この状態をあと2年以上続けるなんて、なんだかなぁ、、、。

この先、子どもとの関係も心配だし、高学年になったときに算数の難問を親が教えきれる自信もなく、このままじゃいけないなぁ、、、と思うようになりました。

質問教室もありますが、うちの子はあんまりうまく利用できなかったし、先生との距離も遠く感じ、家庭内で不安を抱え込んでしまったようなところもあった気がします。

夫の反応はかなりシンプルで、「なんで塾に通ってるのに、親が家で一から勉強教えてるんだ?!」というものでした。

塾で教わってきても全然理解しきれないまま帰ってくるんだよと話すと、じゃあ長男には今の塾は合っていないのかもねぇ、それなら今うちに、もう少し面倒見の良さそうな塾に転塾しようか、という話になりました。

スポンサーリンク

 

転塾先を早稲アカにした理由

転塾先の候補は、いくつか見学しました。

転塾は、できればこれ1度きりにしたかったので、わたしがひとりで決めるのではなく、主人の意見も聞きたいと思って同行してもらいました。

最終的に早稲アカに決めたのは、いくつか理由があります。

まず、使用テキストが四谷大塚の予習シリーズなので、(ここでも予習しなくていいと言われたものの)多少予習してから授業に臨めること。

組分けテストは出題範囲が決まっており、2回続けて基準を下回ったときにクラスが下がるということ(長男の通う校舎の場合)。

あと、これは漠然とした印象ではありますが、先生と家庭との距離が多少は近く、質問もしやすそうだと感じた、というのもあります(実際、先生と電話で話す回数は結構増えました)。

特に組分けテストに関しては、長男の場合、サピックスでは組分けテストで下がって、マンスリーで上がるというのがお決まりのパターンだったので、せっかく復習を頑張ってクラスが上がっても、組分けテストであっけなくクラスが下がり、むなしい気持ちになることが多かったのです。

なので、出題範囲があり復習中心のテストで、クラスが下がるときに一定の猶予があるシステムというのは、長男には合っているかなーと思いました。

スポンサーリンク

 

実際に転塾してみて

結局のところ、転塾したところで苦手な算数が得意になるわけでもなく(当たり前ですが、笑)、算数に関してはその後、塾と併用して少人数での個別指導に通うようになり、今では個別指導もやめて、家庭教師の先生に1対1でフォローしてもらうようになりました。

正直、家庭教師に来てもらって算数をフォローするんだったら、もうちょっとサピックスで頑張ってみるっていう選択肢もあったのかなぁ、という気はします。

サピックスを辞めたとき、偏差値的にはちょうど真ん中くらいだったので、まあ良くも悪くもない、そんな感じだったのです。

結局どの塾にも一長一短があるんだろうなぁ、というのが、転塾してみての実感ですね。

教材などのテキストに関していえば、サピックスの教材はすごく良くできていたんだなと改めて思います。

内容的にも無駄がなかったように思うし、「言葉ナビ」の補助教材も、赤シートで暗記しやすいようになっていたりと、細かいところまでよく考えられていた気がしました。

でも、長男の志望校は早稲アカの合格実績もいいし、6年生のNN(志望校別のコース)も期待できそうなので、これで良かったんだ、ここで頑張るんだ、と今は前向きに思う(というか、思い込む?!)ようにしています。

もう、転塾しちゃったんだし(笑)!!

一度やってみると、転塾ってメリットもあると思うけれど、戸惑うことも結構あった気がします。細かいところとかで、いろいろ。

それについてはまた改めて、ぼちぼち書きたいと思います。

関連記事

www.family-note.com