スーの家族日記

旅行、映画、ファッション、ディズニー、2021年中学受験など

塾と併用するのはどっち 個別指導塾か家庭教師か?


サピックスから早稲アカに転塾してからも、長男の算数の成績は相変わらず低空飛行のままです。

塾が変わり、テキストが変わり、先生が変わっても、苦手はやっぱり苦手なままなんだなぁ、、、としみじみ(当たり前か、、、)。

なんとかしなくてはと思うのですが、わたしが算数を教えるとすぐに親子バトルが勃発してよろしくないので、算数は家族以外の誰かにきちんと見てもらったほうがいいね、という話になりました。

最初に利用したのは個別指導塾

というわけで、最初に利用したのは、先生が1人に対して生徒2人という、個別指導塾でした。

月謝も手頃で行きやすい場所にあり、そういう面ではよかったのですが、肝心の算数の指導という点でいろいろ思うことがあって、そこはすぐに辞めてしまいました。

個別指導塾といっても、いろいろな形態があるんだと思いますが、長男が利用したところは、先生1人に対して生徒が2人。

先生は担任制ではなく、行くたびに違う先生。

教えてくれるのは、学生さんだったり、集団塾での指導経験がありそうなベテランの先生だったりする(でも選べない)。

こんな感じの個別指導でした。

スポンサーリンク

 

個別指導塾を利用してみての感想

まあ、わからない問題は、その都度教えてもらえたと思います。

長男が行っていたところは、どの問題をやるかは先生が決めるのではなくて、こちらが教えてもらいたい問題を自己申告するというスタイルでした。

本当は、どの問題をやるといった優先順位みたいなものも、先生と相談して決めたかったのですが、毎回先生が変わるので、そういうこともなかなか難しいみたいでした。

継続的な指導を前提にしたプランみたいなのは、示してもらえなかったんですね。

パンフレットを見たときは、なんとなく、そういうこともフォローしてもらえるのかなという気がしたんですが、実際はちょっと違いました。

なので、わからない問題を週一回まとめて説明してもらえればそれでいい、と割り切るなら、こういうスタイルの個別指導でもアリなのかもしれません。

でも、うちの長男の場合は、わからない問題もあやふやな単元がゴロゴロあるので、そこはやっぱりプロの立場から、本人が現状で何がわかっていて何がわかっていないを把握した上で、やるべき問題の優先順位、取捨選択など、ある程度の方向性は示してほしかったんですよね。

そのためにはおそらく指導の継続性みたいなものが必要で、場当たり的な指導が断続的に続く状態では、とても算数が苦手という状況から這い上がれるようには思えませんでした。

子どもの現状が、次に担当する先生にうまく引き継がれているようにも思えなかったですし。。。

まあ、月謝も1対1の個別指導や家庭教師に比べたらリーズナブルだったので、そこまで求めちゃいけなかったんですかね。。。

スポンサーリンク

 

先生1人に対して生徒2人という体制

先生1人×生徒2人というメリットは、月謝がリーズナブルということ以外には、なんにもなかったような気がします(笑)。

たまに、相方?の生徒さんがお休みだったりすると、1対1でみっちり指導してもらえることがあったりするのですが、そういう機会は滅多になかったですね。

デメリットとしては、子ども自身が、先生がもう片方の生徒さんばかりを指導していて自分のことはあんまり見てくれなかった、と感じて帰ってくることが結構あったことです。

これは、すごく大きかったですね。

せっかく通っているのに、本人があんまり指導してもらえていないと感じているようなら、通っている意味がないですし。。。

家庭教師の先生、登場

というわけで、個別指導をやめて、家庭教師の先生に来てもらうことになりました。

最初にいくつか、家庭教師を派遣してくれるところに連絡してみたのですが、結構早い時期に連絡したつもりが、もう来年度の枠はすべて埋まっていると言われたりして驚きました。

学生ではなく集団塾指導歴のあるプロ家庭教師を派遣するとか、中学受験に関する書籍を出していて有名だとか、そういうところの先生は結構すぐに枠が埋まってしまうんですね。

1時間あたりの指導料も、先生の指導実績に応じて高くなり、ビックリするような値段のところも。

うちは結局、すぐに来てもらえる先生は見つからず、2月初旬に6年生が中学受験を終えると空き枠が出るというので、そのタイミングまで待ちました。

それから体験授業を入れてもらい、子どもと合いそうな先生にお願いすることに。

先生を決める過程では、性別はもちろん、厳しいか優しいか、指導年数・実績とか、一応いろいろ希望を伝えることができました。このへんは、予算とのせめぎ合いですね(笑)。

1教科だけでなく、2教科とか4教科教えられる先生とかもいて、へ~と思ったりしました。

スポンサーリンク

 

実際に家庭教師の先生にお願いしてみて

指導面では、やっぱり毎回同じ先生が、子どもの理解度をチェックしながらプランを立てて進めてくれるので、そういう意味でお願いして良かったなと思っています。

塾との兼ね合いからいっても、高学年になると通塾の日数も多く、疲れて帰ってくることが多いので、家に先生が来てくれるっていうのは体力的にもラクなのかなという気がしました。

最初は先生が来るたびに、部屋を掃除したりお茶を出したり、いろんな準備が負担になるかなと思ったのですが、掃除は初回のときに気合を入れて片付けたら、あとはそれほど大変でもなかったです。

お茶やお菓子も、いちいち気取ったものを出さないと割り切ってしまったら、案外負担になりませんでした。

家庭教師の場合は子どもとの相性も大事だと思うので、体験授業ときは、わたしも横でしばらく様子を見させてもらいました。

この先生とうまくやっていけそうか焦らず決めたかったし、ガンガン営業されるのもイヤだったので、そういう点でも納得のいく会社を探すことも大事なのかなーと思いました。

まあ、実際に指導の成果が現れてくるのは、しばらく先になるかもしれませんが。

しばらく見守っていきたいと思います。

関連記事

サピックスをやめて早稲アカに転塾した話 

中学受験 転塾して戸惑ったこと、いろいろ