スーの家族日記

旅行、映画、ファッション、ディズニー、2021年中学受験など

中学受験 転塾して戸惑ったこと、いろいろ


前回、サピックスから早稲田アカデミーに転塾したことを書いたのですが、転塾すると、やっぱり勝手が違って戸惑うことがいろいろ出てきます。

正直に書くと、長男の転塾直後の組分けテストは、こんな偏差値見たことないよと、目玉が飛び出るくらいに成績が下がって、本当に卒倒しそうでした。

まあ、そこから回数を重ねるごとに、徐々に通常時の偏差値くらいには回復するんですが、転塾直後の組分けテストは本当にひどかった。

というわけで、どんなことに戸惑ったかを書きたいと思います。

四谷大塚の教材、早稲アカの教材

サピックスのときは、教材の数がかなり絞られていて、内容的に重複するものもそんなになかったように思うので、やるべきことが明確で、それに向かって進んでいけばいい、という感じだった気がします。

ところが、転塾して早稲アカに入ってみると、四谷大塚の予習シリーズや演習問題集、計算の問題集のほかに、早稲アカの教材(4年だと日々の算数など)もあるんですね(クラスによって、さらに四谷大塚の応用演習問題集や基本演習問題集があったりします)。

あと、これは任意と言われましたが、週末に週テスト(直近で習った範囲のテストのことです)を受講するとその復習もあるし、受講しない場合でも、週テストの過去問を家でやろうとすると、その問題集もあったりします。

それで、転塾当初はあまりの教材の多さに圧倒され、優先順位がつけられない、やってもやっても終わらない、ただやるだけで時間がなくなってしまい、間違い直しの時間があんまりとれない、といった状況になってしまいました。

結構重複している問題もあるので、電話して先生に個別に相談したり、そのへんの事情がよく分かっている保護者の方だったら、うまく間引いて子どもに過度の負担がかからないようにできたのかもしれませんが、転塾当初はわたしも右往左往してしまい、子どもにうまいアドバイスをしてあげることができませんでした。

そんなこんなで、ただ問題を解き散らかしただけみたいな状態で、最初の組分けテストを迎えてしまうことになるのです。

他にも、習った範囲がサピと早稲アカで微妙にずれていて、習ってない単元が、もうわかっているものとして話が進んでしまうとか、そういうこともありました。

でもそれはフォローすれば何とかなったので、そんなに大した問題ではなかった気がします。

それより何より、教材が多くてぶったまげたというのが、とても大きかったです。

結局、組分けテスト前に先生に確認したら、「これだけはやってください」とアドバイスされたのが早稲アカの教材のほうじゃなくて、四谷大塚のテキストのほうだったんですよね(ここを、もっと早く聞けばよかったんですね~)。

組分けテストも四谷大塚のテストだし、落ち着いて考えれば親のほうでも基本的な予習シリーズからしっかり取り組むという判断できそうなものですが、そのときはテンパってしまって、どの教材もきっちりやらなきゃいけないような強迫観念にかられ(笑)、大失敗をしました。

スポンサーリンク

 

組分けテストの会場とか、送迎とか

サピックスのときは、組分けテストはいつもの校舎で、いつものメンバーで受けていたので、うちの場合はとくに送迎もせず、子どもが勝手に行って勝手に帰ってくる、というスタイルでした。

それが、早稲アカの場合は、組分けテストはいつもの校舎じゃないんですね(これ、知らなかったんですよね。わたしのリサーチ不足ですが)。

会場は、そのときによって変わるのですが、子どもも親も行ったことのない、〇〇専門学校だったり、〇〇中学校だったり、いろいろです。

乗り換えの必要な駅だったり、最寄り駅からちょっと距離があったりで、長男の場合、送迎しないと会場までたどり着けないだろうってことで、毎回の送迎が必要不可欠となりました。

これが、意外と大変だった(笑)。

これまで、初めての場所で、知らない子に混じってテストを受けるという経験が長男にはなかったので、親が想像する以上に最初は動揺したようです。

問題をすっ飛ばしたり、いろいろとありえないミスをやってきました。

本人に聞くと、イスにコロコロがついていて(キャスターつきのイス)、書く度に揺れるから、全然集中できなかった、とか言い訳していましたが。。。

結構些細なことで、動揺したり集中できなくなったりするものなんだなーと思って、本番も初めての会場だろうけど、ほんとに大丈夫なのかね、うちの長男は、、、と思ったりしました。

というわけで、とにかくいろいろありました(笑)。

テスト終了のときも、大勢の子どもが一斉に建物から出てくるので、自分の子どもを発見するのも一苦労でしたし。

スポンサーリンク

 

先生の個性?!

サピックスにいたときは、わりと淡々と授業を受けていた印象があって、注意されるときも、同じく淡々としていたような気がします。

サピの授業では、先生によって扱うプリントの数が違ったりとか、進め方が違うとかも、それほど感じたことがありませんでした。

早稲アカでは、先生によって、オリジナルの補助教材を出す出さない、細かい指示を出す出さないなど、結構違ってビックリしました。

クラス昇降があると担当の先生が変わり、内容の難易度だけではなくて、やり方そのものがちょっと違ったりすることもあるので、なんだかドキドキします。

あと、授業中の注意のされ方とかが、ちょっと体育会系のノリだなと感じるときもあったり。

まあ、そういうのは徐々に慣れるみたいで、本人はあんまり気にしていませんが。

あと、組分けテスト後に、今授業を受けているクラスの平均点が、他のクラスに比べて高かったとか低かったとか、そういう話も出るんですよね。他のクラスに勝った、負けたみたいな。

そういうのも、サピではあんまり聞かなかったので、へぇ~と思ったりしました。

いろんなことがありますが、試行錯誤しながらも、徐々に落ち着いてきた、と思いたいです(笑)。

あと、保護者会のタイミングとかも、転塾後の見通しを持つという点では案外ポイントかもしれないです。

転塾した直後に保護者会があれば、今後の方針など確認できる機会もあると思うのですが、転塾してからしばらく保護者会がなかったりすると、何が何だか全体像がわからないままスタートしてしまうようなところもありますね。

ちなみに、早稲アカでは全体の保護者会のあとに、クラスごとの保護者会(説明?)みたいなのもあって、それも何だか新鮮でした。

4年生の時点での転塾ですら、こんなにバタバタしたので、さらに高学年になってからの転塾だと、いろいろ慎重に判断しないといけなくなるのかもしれないなぁ、、、と感じました。

わたしはもう転塾はコリゴリだけど(出費もかさみましたし)、どうなることやら。。。

とりあえず、早稲アカで頑張っていきたいと思います。 

関連記事

www.family-note.com