スーの家族日記

旅行、映画、ファッション、ディズニー、2021年中学受験など

4DXで子どもと映画を見た感想 おすすめ座席位置や酔う・酔わないなど


家族で映画館に行き、4DXを2回体験してきたので、わたしが体験する前に気になっていた点や、実際に体験してどうだったかを書きたいと思います。

ちなみにどちらもユナイテッドシネマの4DXです。

気になっていたのはこんな点です

 

どのくらい揺れるのか・揺れ以外の特殊効果

体験前に一番気になっていたのは、どのくらい揺れるのかという点でした。

わたしが4DXを体験したのは、2018年公開の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』と『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のふたつです。

最初に体験したのは『ジュマンジ』で、このときは「効果マシマシ4DX」というのをやっていて、シートの動き・風・水の効果が通常より増している状態でした。

が、シートの動き自体は、映画の本編が始まる前の、4DXの動きを紹介する短い映像のときが一番激しく、実際に本編が始まってからは、飲んだり食べたりできないほどシートが揺れるシーンというのは、それほどなかったです(数回はあった)。

ちなみに本編前の動きを紹介する映像は、かなりシートが激しく揺れるので、結構びっくりします。シートベルトしなくて大丈夫?!というくらい揺れます。

このときは、食べたり飲んだりするのはちょっと無理だし、席を立つのも無理だと思いますね(←コケると思います、というか、立つこと自体キビシイんじゃないかな)。

本編中はそこまで激しい動きは少ないですが、だからつまらない、ということではなくて、シートの動き、風、光、煙、水しぶきなどの相乗効果で、臨場感がハンパないです。

わたしの印象では、ディズニーランドのアトラクション並みに面白いと思いました。時間的にもたっぷり楽しめるし。

シートは止まったり、動いたりを繰り返しますが、基本的には動いている時間のほうが長かったように思います。

このへんは作品にもよるかもしれません。じーっと止まったままということは、あんまりなかったですね。

『ハン・ソロ』のときは、ミレニアム・ファルコンが動いたり、戦闘に巻き込まれたりするシーンで4DXならではの臨場感を楽しめました。ディズニーランドの「スター・ツアーズ」のロングバージョンみたいな感じですね。

戦闘シーンでは、弾がヒューっと自分をかすめていくのを風で感じたり、天井からフラッシュのような光の演出があったり、水しぶきが飛んできたり、シートの背中からグーで突つかれたみたいな演出があったりします。あと、スクリーンの下から煙も出てきました。

ディズニーランドの「スター・ツアーズ」のライトスピードのときのようなGは感じませんでしたが、そのほかの点では、4DXも負けていないと思いました。

ちなみに煙は、前方のスクリーン近くの座席周辺しか発生しません。

水しぶきは、ドリンクホルダーのところについた丸いボタンでオフにすることもできます。

でも、ビシャビシャになるとか、化粧が落ちるほど水が出たりはしないので、そんなに気にしなくても大丈夫だと思います。

『ハン・ソロ』では風の特殊効果がかなり使われていて、結構強い風が吹いてきました。前の座席の方のチケットがわたしのほうに吹っ飛んできたりもしました。

座席位置はどのあたりがいいのか

これも、体験前にずいぶん迷いました。

4DXは、劇場の座席数自体が少なく、配置もゆったりしています。前列との段差も、かなりあります。

前のほうの席だと煙の特殊効果などは体感できるかもしれませんが、スクリーンを見上げる形になるのは通常の映画の場合と同じだと思います。下の図だとA列ですね。ちょっと首が疲れると思います。

今回わたしは下のような配置で、前から4列目の中央に座ったのですが(D9~D12のユニット)、スクリーンがまっすぐ目線の高さにあったので、とても見やすかったです。

逆に、後ろすぎると、おそらく臨場感に欠けるんじゃないかと思いますね。

f:id:michi-yuuki:20180630231725j:plain

 この劇場でいったら、やはり中央付近のD列・E列の5~12番あたりが見やすいと思われます。ど真ん中ですね。

座席ですが、この図からもわかるように、4DXのシートは横並びの4席が1ユニットになっていて、連動して動きます。カップルの方は、席の番号が隣同士であったとしても、別のユニットになってしまうと座る位置が離れて、一緒に行った意味が薄れてしまうと思うので、注意が必要ですね。

あと、座面の位置は、通常のシートよりもかなり高い位置にあります。前の座席との段差もあるので、前の人の頭が気になるということはあんまりないんじゃないかと思いました。 

酔うor酔わない 字幕or吹き替え

4DXでは字幕と吹き替えがあります。

わたしは普段、映画は字幕で見ることが多いのですが、車の中で本を読むと酔うタイプなので、4DXは吹き替えでしか見たことがありません。

それでも、予想外の動きで酔ったらどうしようと思い、最初に行ったときは酔い止めの薬を飲んでから行きました。

結果的に、全然大丈夫だったし、たぶん吹き替えで見るぶんには、酔い止めを飲まなくても問題ないレベルだと思います(乗り物に酔いやすい方を除く)。

字幕だと、ちょっとどうかな。。。『ハン・ソロ』は吹き替えでしたが、宇宙人のセリフ部分だけ数回字幕が出てきたんです。そうしたら、3Dだったこともあり、字幕部分が若干ぼやけて見えるというか、2重に見えるような感じで、かなり読み取りづらいなという印象を受けました。焦点が合いづらいような感じがしましたね。

本編を全部を3D・字幕で見たら、わたしだったら酔うかもしれない。完全に静止している時間もそんなにないですしね。このへんは、個人差があると思います。

2Dと3Dどちらがいいか

上に書いたこととも関係しますが、最初に4DXを見たときは、酔うのが心配だったので2Dを選びました。

2回目の『ハン・ソロ』のときは、3Dの吹き替えで見ました。

で、結果的には、3Dでも吹き替えであれば、全く問題なく楽しむことができました(前述のとおり、乗り物酔いや3D酔いしやすい方は別です)。

ディズニーランドの「スター・ツアーズ」では3Dメガネの装着感が気になる(浮いてしまう)ことがあったのですが、映画館の3Dメガネは違和感なく、上映中かけっぱなしでも全然気になりませんでした。

3Dの場合は、できれば中央寄りの座席をキープしたいですね。ずっとナナメから3Dの映像を見るのも、見づらそうな気がしました(実際には中央の席しか座っていないのでわかりませんが)。

あと、ユナイテッドシネマの場合、劇場入口で受け取るタイプの3Dメガネはかなり平べったく、いつもメガネを使用されている方がメガネの上からかけるには、だいぶ使いづらい形状をしています。わたしはコンタクトレンズで行きました。

ユナイテッドシネマの公式サイトによると、メガネの上からかけられる「クリップオン3Dメガネ」というのが別売で用意されていて、400円だそうです。普通の3Dメガネは映画料金に含まれているので、メガネの上からかけられるタイプはちょっと割高かも。

ちなみにTOHOシネマズの3Dメガネは、最初からメガネの上からかけられる形状になっているらしいので、劇場によって違うようです(鑑賞料金自体はTOHOシネマシネマズのほうが若干高め)。

スポンサーリンク

 

食べ物・飲み物の持ち込み

映画館で買ったポップコーンや飲み物を、4DXの劇場に持ち込めるかどうかは、劇場によると思います。

わたしが利用したユナイテッドシネマは、持ち込みOKでした。

ただ、トレーの利用ができないことになっているので(トレーを置いておく場所がない)、飲み物を複数注文しても、トレーにのせていっぺんに運ぶことができません。手渡しで受け取り、手で持っていくことになります。

ポップコーンは、買うときに4DXを鑑賞することを伝えると、箱ごと大きな透明のビニール袋に入れてくれます。

このおかげで、鑑賞中にシートが揺れてもポップコーンがビニール袋の中にこぼれる程度ですむので、床に散乱させないですみます。

それでも、うちの子どもは結構盛大に座席にポップコーンをぶちまけてしまいました。

で、注意しようと思ったのですが、自分のシートを見たら、自分も案外こぼしていたので、あんまり強く言えなくなってしまった。←片付けました。

こればかりは運というか、シーンによって、いきなり座席が激しく揺れたりすると、どうしようもないんですね(笑)。

飲み物は蓋付きなので大丈夫だと思いますけど、気をつけるに越したことはないかも。

蓋がなかったら、大変なことになると思います。熱い飲み物はやけどに注意です。

途中でトイレに行けるか

一応、最初に配られる「4DXご鑑賞にあたってのご注意」という紙には、上映中に席を離れて歩くなどの行為はご遠慮くださいと書かれていました。

だけど、途中でトイレに行っている人は複数見かけたし、特に注意される様子もなかったです。

トイレは仕方がないですよね。お子さんの場合は特に。

ちなみに身長が100センチ未満だと4DXの鑑賞ができないので、あんまり小さい子はいません。

一番気をつけないといけないのは、トイレに立つときのタイミングじゃないでしょうか。

シートが激しく動いているときは立ち上がることすら難しいし、結構危ないと思います。そのへんの見極めが重要ですね。

トイレから戻ったときも、シートがあんまり動いていないときに座らないと、たぶん危ないです。

途中でトイレに立つような場合でも、ユニット周辺の空間がかなりゆったりしているので、出づらいということはないはずです。

座面の位置も高いので、少しかがんで通れば他の人の視界を遮ることはあんまりないんじゃないかと思いました。

劇場内の雰囲気自体も、静かに見ているような感じではなく、常に全員で現場にいるみたいな感じなので、通常の劇場よりかは、誰かがトイレに立っても気にならないかも。

手荷物について

手荷物は、劇場内の通路に設置されたロッカーに入れるように言われます。

実際鑑賞するときも、荷物がないほうが楽だし、安全な気がします。

ユナイテッドシネマの場合、ロッカー利用時に100円玉が必要です。出すときに100円が戻ってくるタイプのロッカーでした。

わたしはお財布の中に50円玉しか見当たらなくてちょっと焦ったので、100円玉を持っていくことをおすすめします。

気になるお値段

最後にお値段です。

わたしが行った劇場では、

2Dの4DXの場合 通常鑑賞料金+1000円

3Dの4DXの場合 通常鑑賞料金+1400円 (メガネ持参で100円引き)でした。

TOHOシネマシネマズでは、これよりも200円ほど高いようです(2018年7月現在)。

まとめ

体験してみての感想は、アトラクションみたいで楽しい!!ということですね。

通常の映画よりも割高ですが、あの臨場感は、一度体験したらやみつきです。

また行きたいなと思いました!

それから、わたしは今回『ハン・ソロ』を見る前に、Huluで「スター・ウォーズ特集」をやっていたので、これまでの作品を振り返ってから劇場に行きました。Huluはわりと、劇場公開に合わせた過去の作品をやっていたりします。

今だとスター・ウォーズのエピソード1~6まで一気に見られます。興味のある方はこちらからどうぞ

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』感想はこちら

www.family-note.com