スーの家族日記

旅行、映画、ファッション、ディズニー、2021年中学受験など

ディズニーでアトラクションの緊急停止を経験


ディズニーシーで、アトラクションの緊急停止を経験しました。

子どものときからずーっとディズニーリゾートのお世話になっていますが、乗り物から降り、歩いて退出というのは初めてだったので、かなりビックリしました。

あれ? 止まっちゃうのかな?

緊急停止を経験したアトラクションは、『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー』です。

いつもどおり出発して、アトラクションの後半、これからいよいよクライマックスに差しかかるぞ、というあたりで、急に乗り物が止まりました。

場面としては、急いでこの場を立ち去らないと危険だ!というシーンなのに、立ち去りたくても立ち去れない状況に。

照明は暗いまま、ジープは停止したまま。

館内放送もすぐには入らなかったので、真っ暗の中で状況がわからず、それはちょっとコワかったです。

これまで、ディズニーランドのホーンテッドマンションでは、何回か緊急停止に遭遇したことがあります。ホーンテッドマンションは、わりとよく止まりますよね。いずれも、乗り物から降りることはなく、しばらくして乗り物が無事に動き出すパターン。止まるとすぐに、いたずら好きの亡霊が暴れ出したから待っているように、みたいな粋な館内放送が流れて、それほど待たずに動き出すので、今回もそんな感じかなーと思っていました。

ですが今回は、キャストの方の放送も、インディーからの気の利いた放送も特になく、ジープが暗闇に停止したまま、しばらく時間がありました。

しばらくして、乗り物が動き出したので、ああ良かったと思ったものの、少し進んだところでまた止まり、今度は車体の揺れを模した小刻みな動きも止まって、完全に静止しました。

何だろう、と思っていると、館内の照明がすべて点灯して、やけに明るくなりました。そして、緊急停止をしたのでアトラクションの運営ができない、といった内容の館内放送が流れてきました。

館内の照明がついた時点で、かなりの驚きに包まれました。みんなキョロキョロしてましたね。点灯してからは、お客さんを不安にさせないためなのか、かなり頻繁に同じような内容の館内放送が繰り返し流れていました。

わたしたちの乗り物が止まったところは平坦で、アトラクション内の飾りも人形も何にもないところでした。なので、明るくなっても、周りに見えるのはただの黒い壁でした。

その状態で、たぶん10分弱ぐらい待機したと思います。

途中で、キャストの方が息を切らしながらやってきて、順番に退出の案内するのでこのまま待っていてほしいと声をかけてくれました。

ジープには12人ぐらい乗っていましたが、やっぱり館内放送だけだと少し不安で、実際にキャストの方の顔を見て、待っているように言われると、少し安心できました。「わたしたち、忘れられてなかったよ!」みたいな(笑)。 

しばらくしてキャストのお兄さんが戻ってきたときには、アトラクションの真ん中あたりで停止したらしいお客さんを10人くらい引き連れていました。

その人たちと合流する形で、わたしたちもやっと乗り物から降りられることに。

降りるときは、ジープから床まで少し高さがあったので、一度キャストの方が置いてくれた脚立に立ってから、床に降りるようになっていました。

そして、2列になり、乗り物から離れて歩くように言われ、出口へ。

途中、インディーを見かけましたが、乗り物が止まっているときでも、インディーの動きは完全には止まっていませんでした(喋っていないけど、動いているという状態)。

みんなで「おぉ!」とか言いながら移動。途中、坂を下るみたいなところもありました。

一番最後に出てくるインディーの人形が、無言なんだけど、すごく疲れて見える仕草をしていたので、今回のトラブルでインディーが疲れたみたいに見えました(笑)。

乗り物を降りる地点まで無事に歩いて到着すると、ちょっと年上の、他とは違う格好をしたキャストの方がいて、丁寧にお詫びをしてくださり、次回好きな乗り物に1回だけ並ばずに乗れるというチケットを、1人1枚渡してくれました。

うちは近いので、「次に来たときに使おうね~」なんて話していましたが、遠くから来た方は、次回がだいぶ先になってしまう場合もあるのかも。

わたしたちは、閉園間際で5分待ちぐらいで乗ったので、途中で止まってしまってもあきらめがついたのですが、60分とか、それ以上待った乗り物が途中で止まってしまったり、スタート地点から動き出してすぐに止まってしまった方は、きっとすごく残念に感じると思います。

原因はわからない

止まった原因は、結局よくわかりませんでした。

システム的なものか、誰かの荷物が飛んで落っこちたりしたのかなとか、待っている間に話したりしていました。わたしたちのひとつ前のジープに乗ったグループが、乗る前から超ハイパーテンションで、「ヒュー!」「フォー!」「うおぉおー!」みたいな感じだったので、何かあったのかなーと思ってみたり(笑)。

中が明るいインディーのアトラクションを見られた、といえばそうですが、やっぱり普通に最後まで乗れるのが一番だよなぁと思いました。

そのほか、ディズニー関連の記事はこちら

www.family-note.com

www.family-note.com

www.family-note.com